ショッピング枠を使ってクレジットカード現金化!本当に安心して使える優良店を比較ランキング化!

目次

そもそもクレジットカード現金化って何?

急な出費が重なってお金が足りなくなる!
そんな経験は誰しもが持っていると思います。

クレジットカード現金化情報サイトネココバ

ネココバ

ここ最近で一番怖かった事は、飲み会の翌日に財布を見たら54円しか入ってなかった事。
昨日ATMでおろした2万円はどこにいったんでしょうね。

クレジットカード現金化はそのような時に利用され、クレジットカードのショッピング枠で商品を買い、その商品を売却することで手元に現金を還元する方法との事を言います。

主にキャッシュバック方式と買取方式があり、過程は違いますが最終的な目的としては現金を手に入れる事には変わりません。
ですがショッピング枠を使ってしまうので後日にクレジットカード会社に支払いはしなければなりません。

結果から言ってしまえば借金と大差はありませんが、審査無しで即日換金できるという点に置いて好評を得ています。

昔はよくチケットや質屋などの店舗が現金化の方法として用いられてきましたが、最近では安全安心や換金率の高さをモットーにした無店舗型の業者、つまりはネットを介してのクレジットカード現金化業者も現れてきました。

クレジットカード現金化情報サイトネココバ

ネココバ

店舗型の現金化業者を利用してきた人からすると、ネットの現金化業者の換金率と即日性はやみ付きになるレベル。

店舗での現金化のデメリットであった手間がかかる事や換金率が低い事などを解決しているので今無店舗型のクレジットカード現金化は最盛期を迎えています。

こんな感じでクレジットカード現金化のメリットを書き連ねていますが本当にそれだけなのでしょうか?
どんなものにもデメリットが存在します。クレジットカードの現金化も例外ではありません!

主なデメリットとしてはクレジット会社に現金化は知られるとクレジットカードの利用停止になったり、それ以前に悪徳な現金化業者に引っかかってしまうというのもあります。

また前述の現金化業者に任せる方法に併せて自分で現金化を行う方法もあったりしますがそれぞれにもまたメリットはデメリットがあります。

このサイトではクレジットカード現金化の危険性や悪質業者の手口、その他にも様々な現金化の手法や優良店舗や優良現金化業者など詳しく調べて情報を発信していきます。

私も金欠だった時は色々とクレジットカード現金化に助けられましたが業者選びに苦労した覚えがあります。
このサイトで自分に合った現金化の方法が分かってもらえれば幸いです。

クレジットカード現金化情報サイトネココバ

ネココバ

現金化する前に調べておかないとマジでヤバいぞ。

クレジットカード現金化の違法性は?

クレジットカード現金化は違法なのか
まず一番初めに気になるのはクレジットカードのショッピング枠を使っての現金化は違法なのかどうか?

結論から言ってしまうと、「違法ではない」が答えですが、ただし注意した方が良いのがクレジットカード現金化は違法ではないが、クレジット会社に認可もされていないという点です。

私も調べてみて驚いたのですがクレジットカード現金化を直接的に禁止するような法律は存在しません。
ですがクレジットカード会社が定めた利用規約ではクレジットカード現金化は禁止事項としてあります。
恐らくほぼ全てのカード会社の利用規約で書かれている事でしょう。

【日本クレジット協会】
クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いにご注意ください

なのでクレジットカード会社の規約には反しているが、違法行為とはならないというグレーな感じになっているわけです。

併せて読みたい!

クレジットカード現金化の危険性、こちら側のリスク

”グレーゾーン”であるが故に慎重に考える必要があります。
では現金化自体には実際にどんなリスクがあるのか?

借金をするのと変わりない

クレカ現金化も借金と変わらない

例えばキャッシュバック式の場合で還元率が90%の場合、10万円の買い物をして得られる金額は約9万円です。

つまりこの時点で1万円の損をすることになってしまいます。
また結局のところ、クレジットカード会社に支払いもしないといけません。

ここからわかるように一時的に手持ちの現金は増えても結果的には借金をしているのと変わりません。
審査がないぶん歯止めが効かなくなりクレジットカード現金化を続けてしまうといつの間にか借金が増えている事になりかねませんので十分に注意することが必要です。

自己破産が出来なくなる

自己破産することができなくなってしまいます。
クレジットカード現金化を利用してしまうと借金がいくらあろうと自己破産することが出来なくなってしまいます。

通常、借金をすればそれを返さなくてはなりません、つまり債務が発生ます。
クレジットカード現金化も借金も現金作り債務が発生するという点では共通しています。

そして何らかの事情でどうしても支払えなくなった場合には自己破産んという手段で債務の支払い義務を放棄することが出来ます。

自己破産は破産法によって管理されていますが免責不許可事由に該当すると債務の免責はできない、つまり自己破産が出来ないということになります。

【破産法 第252条第1項第2号】
破産手続の開始を遅延させる目的で,著しく不利益な条件で債務を負担し,又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。
引用:免責不許可事由となる不当な債務負担・換金行為とは? | 債務整理・過払い金ネット相談室

クレジットカードの現金化は上記の項目に該当していて、どんなに借金で困っていて首が一切回らない状況でも最後の手段である自己破産をすることができないということです。

ただしこれには例外があり、状況に応じて悪質ではないと判断された場合には自己破産することができる可能性が残されています。
しかしどちらにせよ、裁判官の心証は最悪なので他の負債整理でも通常より不利になってしまう可能性が高いです。

クレジットカードの利用停止

現金化によるクレカの利用停止
次に挙げられるリスクがクレジット会社にばれてしまうと、カードの利用が停止されてしまう事です。

クレジットの現金化は違法ではありませんが、クレジット会社の利用規約には違反しています。

そのため、クレジット会社にこのことが発覚された時点でクレジットカードが強制的に解約させられてしまいます。

最近では、購入履歴から回数や金額により現金化しているかどうかを見抜く技術が向上しているため、何も対策しないでクレジットカード現金化を続けていると簡単にばれてしまい強制解約されることになってしまいます。

例えばですがいままで一度もクレジットカードでJRや新幹線の切符を購入していなかった人が、ショッピング枠でいきなり使い切ってしまっていたらあからさまに怪しいですよね。

またクレジットカード現金化がカード会社に発覚した際には利用規約違反としてカード利用停止・強制解約と共に残債がある場合には一括返済を求められます。
クレジットカードは、カード会社が独自に個人の信用に基いて貸与しているに過ぎないので、カード会社との信頼関係が破綻した時点で、クレジットカード会員資格を失います。

クレジットカードの所有権はカード会社に帰属していて、クレジットカード保有者はあくまでもカード会社の利用規約の範囲内で使い続ける場合に限り、引き続き利用継続出来る点に注意が必要です。

クレジットカード現金化は、キャッシュバック方式の現金化業者を利用して、慎重に取引すれば発覚することは稀な事態となります。

クレジットカードは、あくまでも貸与されたものだという考えを忘れずに、慎重に利用することが望ましいです。

現金化がバレてしまうと利用停止になるのはなぜ?

カード会社に現金化がバレると利用停止
クレジットカード現金化がカード会社にばれてしまうと、なぜ利用停止になるのでしょうか?

これはカード会社の判断にもよりますが本来クレジットカードはきちんと返済できる状況において立替払いをするという目的で発行されていますのでショッピング枠を使って換金しなければならないような状況は認められていません。
またクレジットカードは基本的にショッピング枠とキャッシング枠が分けられています。

このうちキャッシング枠はカードを発行するときの審査もやや厳しくなっており利率もショッピングの分割払いより高めに設定してあります。

買い物でクレジットカードを利用するよりも、現金を借り入れた時の方が条件がいろいろ不利になっているにもかかわらず、キャッシングと大差ないクレジットカード現金化を利用されてしまうとカード会社としては二つの枠を分ける意味がないのです。

現金化がばれたときに利用停止になるのは、カード会社による利用者へのペナルティの一種です。
もちろん利用停止以外にもペナルティの種類はあり厳しいカード会社では強制解約になることがあります。強制解約になった利用者は今後その会社では半永久的にカードの審査に通らなくなる可能性が高いです。

このほかの利用停止以外の措置としてはショッピング枠で利用している金額を一括返済するように請求する、ブラックリストに掲載して他のカード会社に周知する、自社のクレジットカードの新規発行を認めないなどが挙げられます。

不当な目的でクレジットカードを利用したことにより、一括返済を請求された場合にはある程度の猶予は与えられるものの分割弁済は原則認められず支払いを滞納するとやはり利用停止や強制解約、ブラックリストの登録などの措置があります。

ちなみに、ブラックリストというのは金融機関や消費者金融、カード会社などが情報を共有しているデータベースでこちらに登録された内容は他の業者等にも知れ渡るため他社でのクレジットカードの発行や借り入れも困難になります。

これとは別に登録を行ったカード会社では半永久的にその情報が保有されるためブラックリストの情報が削除された後も信用が著しく下がったままになります。

現金化の前にちゃんと業者を調べよう!

クレジットカード現金化はキャッシング枠の利用ができない人や借り入れの履歴をつけたくない人にとって非常に便利なサービスです。
しかし利用する業者やそのシステム、カード会社の規約などをきちんと調べずに安易に利用すると後からトラブルに巻き込まれる可能性が少なくありません。

ですが消費者金融などのように老舗の業者として知名度が高いところが少なく金融機関と提携しているような簡単にわかる信頼性も見つけにくいためトラブルの数も意外と多いのです。

例えば、安全な業者を選ばなかった場合には商品を送っても現金が手に入らないケースが考えられます。

悪質な詐欺業者の中には、短期間で利用者から商品を受け取りそのままキャッシュバックせずに行方をくらませるパターンも見られるのです。
また、広告では高い換金率を謳いながら表記以外の手数料などを請求し平均的な換金率よりも大幅に少ない金額しかキャッシュバックしないというケースも少なくありません。

悪質なクレジットカード現金化業者に騙されない為に!

便利だからと安易に利用を続けているとショッピング枠も限度額いっぱいになるだけでなく借金がどんどん膨らんで返済できなくなる恐れがあります。

やはり一番厄介なのがクレジットカード現金化をしたことをカード会社に知られてしまった場合、そのカード会社からクレジットカードの利用を停止される可能性があることです。

もちろん利用したからといってすぐに停止扱いになるわけではありませんが甘言につられて悪質な業者を利用したり、高額の換金目的で一時的な限度額のアップを申請してからキャッシュバックを受け取ったりすると停止される可能性が高くなります。

背に腹は代えられない!ショッピング枠を使って安全に現金化する方法

クレジットカードのショッピング枠を使って現金化
ここからは実際にクレジットカード現金化するにはどうしていけば良いか解説していきたいと思います。

ショッピング枠を使っての現金化は主に2種類に分かれており、「キャッシュバック〔還元式〕」「買取方式」があります。

「キャッシュバック〔還元式〕」とはまずなんらかの商品やサービスを購入した後に購入特典として現金の返金を受けとる方法です。

「買取方式」とは商品を購入した後に買取業者に買い取ってもらい現金を受け取る方法です。

キャッシュバック方式について更に詳しく!

キャッシュバック方式は商品購入特典として現金をキャッシュバックすることで手元に現金を得る方法ですが、より身近な存在として家電量販店のポイント還元をイメージすると分かりやすいです。

家電量販店では、商品を購入すると店内で使えるポイントを特典として付与してもらえるので、次の買い物でポイントを使って商品を買えます。

商品の売買契約が成立することによって、ポイントが付与される代わりに現金が貰えると考えれば、現金化業者と売買契約が結ばれて契約が成立した時点でキャッシュバックを受ける権利が発生するわけです。

具体的なキャッシュバック方式での現金化はどのように行われるのか
現金化業者に対して公式サイト経由で申し込みを行うと、確認の電話が順次かかってきます。

内容説明を受けてからキャッシュバック金額を確認し、了承すると本人確認書類の送付案内と、具体的なネットショッピング先と商品を支持されて決済画面を案内されるわけです。

クレジットカード決済により指定された商品を購入すると、現金化業者が決済を確認した時点で、予め振込を希望した銀行口座へキャッシュバック金額が入金されます。

後日購入商品が自宅へ送付されるので、カード会社へ立て替え払い代金を完済するまで届いた商品を保管しておけば良いです。

購入商品は必ず受け取られなければならない

クレジットカード現金化を行う際に、キャッシュバック方式で現金を商品購入特典として受け取るためには、必ず売買契約が有効に成立して商品受け渡しまで完了する必要があります。

なぜなら、売買契約は口頭のみでも成立しますが、購入商品が売り手から買い手に渡らなければ、売買契約が完了したことにはならないからです。
購入商品を受け取り売買契約が完了しなければ、厳密には現金キャッシュバックを受け取る権利が発生しません。

キャッシュバック方式については、クレジットカード決済が行われた時点でスピーディーに処理を行うために、現金振込と商品発送を同じ日に行うことが多いです。

送付した商品を受け取り拒否したり、そもそも住所が不正確だった場合には、本人がクレジットカードを使ったかどうかが分からない事態となるので、クレジットカード現金化業者はカード会社から売上金を受け取れない可能性が出てくるわけです。

クレジットカード現金化を行う際に、キャッシュバック方式では後日届く品物を必ず受け取ることを約束しなければ、現金振込を先に受けられません。

キャッシュバック方式のメリットとは

クレジットカード現金化をキャッシュバック方式で行うメリットは、次の3つが有名です。
店舗を構えておく必要や、古物商営業許可が不要となるので、現金化業者が運営コストを最小限に抑えらるので還元率を上げやすくなります。

クレジットカード決済と同時にキャッシュバック可能

買取方式とは異なり、キャッシュバック方式ならば実際の商品を買取る必要が無いので、本人確認さえ済んでいれば商品購入クレジットカード決済が済んだ時点で、キャッシュバック額を指定の銀行口座へ振込出来ます。
購入商品の送付は後回しに出来るので、クレジットカード現金化で最も優先されるスピーディーさを維持出来るわけです。
先に商品売買契約を成立させて、クレジットカード決済と商品購入特典としての現金キャッシュバックを先行して行い、商品送付を後日届きますという案内に留め置くことが出来ます。
クレジットカード現金化は、急にお金が必要となった時に重宝するので、スピート感を持たせることが何より重要です。

カード会社にバレにくい商品を購入出来る

キャッシュバック方式の最大のメリットは、購入商品は換金性が高い商品である必要は無く、当事者間で価値がある物ならば何でも良いわけです。
カード会社は換金性が特に高いとされる新幹線回数券だけでなく、ブランド品や携帯電話白ロムといった監視対象となりやすい商品ではなく、ノウハウ集や機密情報であっても構いません。
無価値な商品は問題がありますが、仮にマジックのタネであっても当事者同士で価値があると認められれば、商品購入特典として現金キャッシュバックを付与可能です。
あくまでも当事者同士で価値を認めあった商品について売買契約が有効に成立していることが重要であって、カード会社の目線からは換金性が低いと判断されるので安全に取引が出来ます。

全国どこからでも申込可能

クレジットカード現金化を行う際には、現物商品を購入して売却しなければならないと、場所の制限が出やすくなります。
キャッシュバック方式ならば、インターネット接続環境と携帯電話さえあれば、全国どこからでも購入商品が宅配便で届けられる日本国内ならば問題ありません。
現金化業者との間には、商品売買契約のみしか存在しないので、あくまでもオマケとしてキャッシュバック還元が付くに過ぎません。
場所の制限を受けずに、大都市でも田舎でも最短即日でクレジットカード現金化が出来るメリットは大きなものといえるでしょう。

キャッシュバック方式のデメリットとは

キャッシュバック方式を採用した現金化業者は、買取方式とは異なり店舗を構えるメリットが無いので、インターネット上のみで営業している現金化業者が多いです。
ホームページと電話番号のみで営業出来ることから、優良現金化業者と悪徳業者の区別がつきにくいという問題点があります。

悪徳現金化業者に引っ掛かると回収が難しい

特定商取引に関する法律に基づいた表記が公式サイト上で義務付けられていますが、正確な情報が現金化業者の公式サイトで記載されているとは限りません。

優良現金化業者と悪徳現金化業者の区別は、公式サイトを見ただけでは分かりません。
最初から数十万円以上のショッピング枠を現金化しようとすれば、悪徳業者にあたってしまうと最悪な事態となりかねません。
初めて利用する現金化業者は、最初は少額から現金化を行って試しておかなければなりません。

個人情報漏えいリスクがある

キャッシュバック方式による現金化業者は、キャッシュバック特典として現金振込を行う口座と、現金化業者内での商品発送先情報は、必ずしも完全に保護されているとは限りません。
管理がずさんな現金化業者にあたってしまうと、気がついた時には個人情報漏えいしていて、知らない相手から電話や手紙が多く届くようになる可能性があります。
クレジットカード現金化業者であって、プライバシーマーク認定を受けている業者はいません。

カード会社へ通報すると脅される可能性がある

キャッシュバック方式の現金化業者は、当初予定していた換金率よりも低い金額をキャッシュバックとして振り込んで来る可能性があるので、優良現金化業者だと分かっていない限りは常に警戒しておかなければなりません。
悪徳業者へ捕まってしまうと、カード会社へ現金化業者を使ったと通報すると脅かされる可能性があります。
公式サイトの内容がどこまで正確なのかという点は、自分の目で確かめなければ安心出来ません。
クレジットカード現金化は、一定のリスクを覚悟で利用する契約です。

キャッシュバック方式のまとめ

キャッシュバック方式を採用している現金化業者ならば、カード会社から目をつけられないように換金性が高い商品を現金化するために利用しません。
現金化業者との間には、商品売買契約が成立し、商品購入特典として現金キャッシュバックが行われるという流れです。
金額に応じた商品をクレジットカード決済により購入すると、本人確認が済み次第指定された銀行口座へすぐに商品購入特典として現金が振り込まれます。
購入商品送付を後回しに出来るので、現金化を急いでいる人であっても、即日現金化が可能となるわけです。
キャッシュバック方式ならば、最初から分割払いやリボ払いを利用出来るので、商品をクレジットカード決済した後は数日後に届く現金化業者から送られたきた商品を受け取るだけで売買契約が完了します。
キャッシュバック方式ならば商品の受け渡しは自宅で出来るので、全国どこに住んでいても宅配便経由で商品が届く日本国内ならば、クレジットカード現金化業者への申し込みが可能です。

買取方式は自分で買取店に持ち込んで現金化する方法

買取方式はクレジットカードで換金可能な商品を自分で購入し、買取店を別途探して自ら持ち込む方法です。

換金性が高い商品ほど現金化率を上げられるので、古くは新幹線の回数券をまとめて購入して金券ショップへ持ち込む方法が使われていました。

しかし、クレジットカード会社の監視が厳しくなったことで、ブランド品を購入して買取店に持ち込んだり、ゲーム機やデジタル機器を購入して転売する方法が使われています。
自分で現金化すると、換金率は自分で選んだ商品と買取店の組み合わせにより変わり、時には高還元が可能です。

現金化業者に依頼して買取依頼する方法

クレジットカード現金化業者に依頼して買取方式による現金化を行う場合には、現金化業者のホームページから申し込みを行うと、電話連絡が入り詳しい説明を受けます。

クレジットカードの種類により、カード会社が現金化業者に対して請求する決済手数料に違いが出るので、クレジットカード次第では現金化率が変わるわけです。

換金率に納得したら、現金化業者の指示通りに指定の場所でクレジットカード決済により買い物をし、すぐに現金化業者に買い取ってもらいます。

中には一度自宅へ商品が届いてから現金化業者へ転送する方法を採用している現金化業者もいますが、商品のやり取りには宅配便が用いられるために即座に買い取ってもらわないと現金化までに日数がかかりすぎるわけです。
商品が現金化業者へ届いたならば、古物商営業許可を持つ現金化業者が買い取ることで、指定した銀行口座へ入金されます。

銀行口座へ買取金額を入金する前には、身分証明書の提示が必要となるので、予め身分証明書をデータ化しておくと良いです。

どちらの方法でクレジットカード現金化を買取方式で行う場合であっても、買取業者は古物商営業許可を得ている必要があります。
例え新品未開封の商品であっても、個人が仕入れを行う個人事業主の形を採用しない限りは、買取時に新古品または中古品という扱いとしなければなりません。

買取方式のメリットとは

クレジットカード現金化を買取方式で行うメリットは、主に3つあります。
現金化を急いでいる時ほど慌てずに手続きを行う必要があるので、予め買取方式の流れを把握しておくと良いです。

即時買取を利用すれば現金が振り込まれるまでの時間が早い

クレジットカード現金化を行う際には、カードローン審査を受けているだけの時間が無いケースが多いです。
一刻も早く手元に現金が必要になっているからこそクレジットカード現金化を行うわけですから、買取方式の中でも即時買取を実施している現金化業者を利用すれば、すぐに現金振込を行ってもらえます。
クレジットカードで商品を購入して身分証明書を送付するだけで、当日中に指定口座へ振り込んでもらえる可能性が高いので、急いでいる時ほど助かります。

購入商品をすぐに買い取ってもらうという分かりやすい方法

クレジットカードで実際の商品を購入し、古物商営業許可を持っている買取業者に即座に買い取ってもらうことで現金を手にできるという分かりやすい方法ですから、難しい考え方を理解する必要はありません。
クレジットカード決済を行う段階で、商品購入意思を持って手続きしているので、具体的な商品名をイメージしやすくなります。
購入商品のやり取りを行わない現金化業者ならば、自宅にいながらにしてクレジットカード現金化が可能です。

現金化業者を利用すればカード会社にバレないように工夫してもらえる

自分で新幹線回数券を購入したり、ブランド品を購入して売りに行くと時間と手間が多くかかりますが、現金化業者を利用すればクレジットカード決済と身分証明書送付程度を行うだけで実際の現金化は業者に任せることが出来ます。
どの商品が高く売れるのか素人には分かりにくいので、現金化業者に任せれば同じ商品が重ならないように工夫した上で、希望の金額にあわせてもらえて手間がかかりません。
同時にカード会社に対してクレジットカード現金化がバレにくくなるよう、現金化業者は決済金額を微調整する工夫も影で行ってくれます。

買取方式のデメリットについて

買取方式によるクレジットカード現金化は、カード会社への支払いが滞った時に問題が発生しやすいです。
買取方式のデメリットとして、次の3点を知っておくと良いでしょう。

換金率は80%程度が目安となる

クレジットカードの現金化を買取方式で行うと、決済金額に対して現金化率は80%程度となります。
なぜなら、決済金額には消費税が含まれますが、現金化を行うための買取時には商品本体価格のみが査定対象となるからです。
クレジットカード決済では、カード会社が決済手数料を取るので、現金化業者の利益と経費を除くと現金化率は80%程度に減ってしまうわけです。

分割払いやリボ払いは後でカード会社へ連絡して変更しなければならない

買取方式によるクレジットカード現金化は、クレジットカード決済時に一括払いのみしか選べないことが一般的です。
なぜなら、購入した商品はすぐに買取依頼に出してしまうことになるので、支払い完了までの期間が複数ヶ月に渡ると所有権移転問題が発生して違法となるからです。
使う予定で購入したけれども、用が無くなったから欲しい人に譲りましたという体裁にするために、購入時は一括払いにするしかありません。
クレジットカード現金化が終わってから、カード会社へ連絡して分割払いやリボ払いへ変更することは、クレジットカードが対応していれば可能です。
買取方式では、一手間工夫が必要となるわけです。

カード会社に発覚時は転売行為を行ったことになる

クレジットカード現金化を行った後は、カード会社に対して返済を行うことになるので、現金化業者とは売買契約のみしか成立していません。
計画的にクレジットカード現金化を行わないと、後から返済に困って滞納してしまう事態になりかねません。
クレジットカードで購入した商品の所有権は、カード会社が代金を一時的に立て替え払いしているに過ぎないので、完済するまでは所有権がカード会社にあります。
返済を滞納した時点で商品を差し押さえる手続きが可能ですが、買取方式では既に商品を転売済みとなるために、カード会社に所有権がある商品を勝手に転売したことになってしまうわけです。

買取方式のまとめ

クレジットカード現金化を買取方式で行う際には、買取業者が古物商営業許可を得ていることを確認する必要があります。

現金化業者を利用すれば、換金率は80%程度となりますが、後で分割払いやリボ払いとすることで、キャッシングよりも遥かに低金利なショッピング枠の金利で返済できるメリットがあるわけです。

現金化業者の中には、古物商営業許可を得ていて商品をやり取りしなくても即座にその場で買取してもらえる業者もいます。

カードローン審査を受けている時間が無いといった場合ならば、クレジットカード現金化を買取方式で行っている現金化業者を選択すれば、即日現金化出来る可能性が高いです。
買取方式では、所有権問題のために決済時には一括払いしか選択できないことが一般的です。
クレジットカードの利用規約を確認し、クレジットカード現金化後に自分でカード会社へ連絡して支払い方法を分割払いまたはリボ払いに変更出来れば、大きな金額であってもすぐに現金化出来ます。

現金化業者に頼らず自分で現金化する方法もある

クレジットカード現金化には業者を利用する方法と自分でする方法があるため、業者を利用するのが面倒な方の中には自分でクレジットカード現金化しようとする方がいます。

希望金額の現金を得ようとする場合、クレジットカードで購入した商品がいかに高く売れるかが重要なポイントとなってきますが、売る商品や売る業者をよく見極めて安全な取引を心掛ける必要があります。

自分で現金化する際の主な方法

ブランド品を購入して売る

人気のブランド品であれば需要が高いので購入した商品が高く売れる可能性があります。

購入した品物を売る場所として質屋などが挙げられますが、質屋によって高価買取をしているブランド品に大きな違いがあるため、質屋の公式サイトを参考にしてより高く売れる店舗を選ぶ必要があります。

場合によっては希望金額を遥かに下回る金額でしか買取ってもらえない可能性もあるので手間がかかる上にリスクが高いと言えます。

また、通常はクレジットカードで高額商品を購入しない方が突然高額商品を購入すると、クレジットカード会社が不審に思いクレジットカード現金化が疑われてしまうので注意が必要です。

金券ショップを利用する

金券ショップ(ウィキペディア)
これはクレジットカード現金化でポピュラーな方法と言えます。
なぜなら、金券ショップで取り扱われている金券の種類は非常に多く、その換金率もマチマチですが一度換金率を調べて良いお店を見つければ、そこで換金してもらうだけで一定の現金が手に入るからです。
金券の購入は、自分が使う予定の店舗で利用可能なギフト券や商品券をクレジットカードで購入し、支払いに充てるというものです。また、印紙や切手などの安定して価値を維持している金券であれば、質屋や金券ショップなどに持ち込めば、高い換金率で現金にすることも可能です。

ただし最近の金券はクレジットカードで購入できないものが増えてきているため、金券を現金化する方法が限られてきているのが現状です。

人気のゲーム機を購入して売る

人気の高いゲーム機は需要が高いので高く売れる可能性がありますが、ゲーム機そのものの値段がさほど高額ではないので、必要としている金額が数十万単位の場合、たとえ商品が売れたとしても希望金額に届かないことが考えられます。

また、ゲーム機は専門業者でなければ高く買取してもらえないので、近くに店舗がない場合、現金を手にするまでに手間と時間がかかります。

新幹線の回数券を購入して売る

新幹線回数券は換金率の高い点でおすすめできる方法です。
しかし、都市から離れている田舎の場合は換金率下がってしまう危険性が高いため注意が必要です。

ちなみに東京の場合には換金率が98%と非常に高い換金率となっています。
またこれも金券ショップによって換金率に多少の誤差はありますので事前に確認してから対応する必要があります。
高く買ってもらうポイントとしては、新幹線やJRの回数券には期限があるため、できるだけ早く売りに行くことが必要です。

ここでの注意点は、クレジット会社が新幹線などの回数券を大量に購入するとクレジット会社に照会されることがあり、クレジット会社から確認の電話が来ることがあります。
多額でなければ一回目には電話が来ることはあまりないと思いますが、回数が重なったりすると確実に電話がかかってくるはずです。

この場合毎週実家に帰らなければいけなくなった等言い訳を事前に考えておくようにしましょう。

あわせて読みたい!

その他の方法

転売の場合は、商品をクレジットカードで購入し、受け取った品物をそのままオークションや買取店で売却します。
希少価値の高い品物や人気のある商品を転売すれば換金率が非常に高くなりますし、場合によっては購入価格を上回る金額で売れることもあります。

ただし、時間も手間もかなりかかる上、売れなかった場合には支払いだけが残り、全く現金が手に入らないというリスクもあることに留意しておきましょう。
長期的に需要があり、値崩れしにくい商品を選んで転売するのがおすすめです。

ネットオークションでの現金化は良い?

自分でクレジットカード現金化するメリット

自分でクレジットカード現金化するメリットは業者に手数料を取られないという点です。

クレジットカードで購入する商品の金額や購入した商品の売り方によっては希望に限りなく近い金額の現金を手にできる可能性があります。

また、プレミア商品など普通に購入しても転売すれば利益が場合もありますし、現金化するのに急いでいない人はこの方法を試してみてもいいのでは無いかと思います。

商品を高く買取してくれる複数の業者の情報収集をしたり、適切な業者を絞り込むなどの手間と時間がかかるので、時間にゆとりがあって自分が希望する金額を手にしたい方に最適な方法です。

端的に言えば還元率が高くなるということが旨味の方法です。

自分でクレジットカード現金化するデメリット

自分でクレジットカード現金化する際に、必要な現金の金額が高い場合にはクレジットカードで高額な商品を購入する必要があります。
購入履歴はクレジットカード会社に筒抜けですから、購入する商品や金額によっては不審に思われるリスクを伴います。

つまり、クレジット会社にバレてしまう危険性が高まり、クレジットカードの利用停止になってしまう可能性があります。

また、希望通りの値段がついて無事に売れれば良いのですが、査定した結果買取してもらえなかったり、希望する値段がつかないこともあるので手にする現金が大幅に少ないこともあります。

業者を使ってクレジットカード現金化する方法

個人で現金化をしようとすると、クレジットカードの使い方が明らかに不自然となり、カード会社にバレてしまいクレジットカード利用停止となりかねません。
現金化業者を使うことで、カード会社にバレにくくなるわけです。

業者を使っての現金化のメリット

カード会社にバレにくい独自のノウハウがある

現金化業者は、長年営業している老舗ほど、カード会社にバレにくい独自のノウハウを持っています。
他の業種や協力店との提携により、一般的な買い物決済とクレジットカード現金化を行うための決済を上手く混ぜることにより、現金化を行ってもカード会社から見て疑わしい取引としてピックアップされにくくなるわけです。

膨大なクレジットカード決済の中から、疑わしい取引をピックアップすることは、カード会社と現金化業者の間で常にいたちごっこになっています。

カード会社の利用規約に反する以上は、現金化業者を利用して安全にクレジットカード現金化する必要があります。

自宅にいながらにして現金化可能

自分で現金化しようとすると、買取店へ持ち込む手間と交通費がかかりますが、現金化業者を利用すれば自宅にいながらにしてクレジットカード現金化が完了します。

本人確認書類の提出もスマートフォンが普及した現在では、カメラ機能とメール機能により手軽です。

ネット銀行口座ならば、入金確認まで自宅で出来るので、現金化業者を利用すれば申込手続きと金額について了承して必要書類提出と決済手続きさえすれば、あとは待つだけで済みます。

24時間いつでも現金化出来る

楽天銀行やジャパンネット銀行といったネット銀行口座を持っていれば、現金化業者の中には24時間いつでも現金化に対応してもらえる業者があります。

現金化業者は、複数のネット銀行口座を持っているので、現金化業者の公式サイトに記載されている営業時間と即時振込可能な銀行名を確認しておけば、24時間いつでも現金化可能です。

急な現金調達であっても、買取店の営業時間を気にする必要が無いので、スピーディーに現金化出来ます。

現金化業者のデメリットとは

クレジットカード現金化業者は、営利目的で現金化を行っているので、利便性が高い反面手数料がある程度必要です。
現金化業者ごとに競争しているので、自分が持っているクレジットカードに合った現金化業者を探す必要があります。

換金率が80%程度となる

自分でクレジットカード現金化を行えば、新幹線回数券のように買取率が決済額の95%程度に達する商品もあります。

現金化業者を利用すると、換金率は80%程度となるので、カード会社にバレにくい反面で現金化する額が小さいとキャッシング利用時よりも返済総額が多くなりかねません。

現金化業者の利用は、キャッシング枠とショッピング枠の金利差を利用して得をするものですから、細かい計算が出来ない人は損をしかねません。

悪徳業者を見分けるのが難しい

店舗型の現金化業者は少ないので、多くはネット上に存在する公式サイト経由で申し込むことになります。

現金化業者の中には、指定した商品購入決済を行っても入金せずに逃げてしまう悪徳業者がいるので、見分け方を知っておかなければ騙されてしまうリスクがあるわけです。

カード会社の利用規約に反する行為となるので、カード会社に申告することは出来ず、悪徳業者に引っ掛かると泣き寝入りとなりかねません。

いきなり多額の現金化を行わないようにすべきです。

買取方式はリスクが高い

クレジットカード現金化業者には、リスクが少ないキャッシュバック方式を採用している業者だけでなく、所有権問題が残る買取方式の現金化業者もいます。

公式サイトを見て、なるべくキャッシュバック方式を採用している現金化業者を探せば良いですが、サイト内容だけでは判断出来ないことが少なくありません。

実際に電話連絡して現金化方式としてどのような方法を採用しているのか確認してから利用する必要があります。
クレジットカード現金化を行った後で、支払いが滞る事態が100%無いとは言い切れないので、買取方式はなるべく避けてキャッシュバック方式の現金化業者を利用することが大切です。

あわせて読みたい!

土日でも大丈夫!注目のクレジットカード現金化業者一覧

店舗名 換金率 営業時間
あんしんクレジット 88~98% 9:00~20:00
ひまわりギフト 最大96% 9:00~20:00
スマイルギフト 87%~94% メール・電話24時間対応
セーフティサポート 87%~96% 9:00~20:00
ファミリークレジット 88%~96% 年中無休
新生堂 最低87%保証 9:00~18:00
24キャッシュ 87%~98% 9:00~20:00
おひさまクレジット 88%~96% 9:00~19:00
プライムウォレット 最大98% 9:00~26:00
ライフ(LIFE) 90%~97% WEB申し込み 24時間対応
和光クレジット 87%~94% 9:00~18:00

店舗型の業者のメリットとデメリット

全国どこからでも利用できる無店舗(ネット)の業者は使い勝手が良いですが、すぐに相手からのレスポンスが確認できる店舗型の業者は急いでいる時に安心感があります。

とはいえ無店舗型の業者と比べてメリットもデメリットもありますので実際に足を運んで申し込みをする店舗型の業者はどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

店舗型のメリットは、審査状況がすぐにわかることや相手の顔を見ることができて安心する点です。

店舗の場所によってはすぐに出向くことができ、その場で現金も支払われるため迅速です。
店舗をきちんと構えているため詐欺業者である可能性が低く、隔日に現金を受け取れる点も店舗型の魅力といえるでしょう。

実際に手続きをする前にスタッフと対面で話をすることで先方が信頼できる業者かも確認できます。

一方で店舗型のデメリットはわざわざ店舗のある場所まで出向かなければならないという手間が挙げられます。

都心部には多くの店舗型業者が存在しますが地方ではもっぱら無店舗型の利用になりますので店舗型のクレジットカード現金化が利用できる人は限られてしまうでしょう。

きちんとした業者ならば問題ありませんが威嚇や恫喝で高額の手数料を請求するような業者の店舗に入った場合にはかなり不利な条件で手続きをせざるを得なくなるでしょう。

さらに無店舗型は受付自体は24時間いつでも受け付けていますが店舗型は営業時間が決まっており多くの人が自由に動ける夕方や休日にしまっている可能性もあります。

店舗型、無店舗型それぞれの特徴を踏まえ状況に応じて使い分けるのもおすすめです。

各地域のクレジットカード現金化業者まとめ

無店舗型利用のメリットとデメリット

店舗型では多くがその場で商品を買取る方式が一般的ですが、無店舗型ならキャッシュバック方式により商品は後から追って購入者に届ければ良いわけです。
無店舗型の現金化業者を使うと、次のようなメリットがあります。

無店舗型のメリット

近くに店舗型の現金化業者が無くてもクレジットカード現金化が出来る

店舗型の現金化業者は、大都市や全国主要都市ならば1店舗はありますが、住んでいる地域により近くに店舗が無いケースも少なくありません。

クレジットカード現金化を利用する際には、カードローンへ申し込みして審査結果を待つ時間が惜しいほど緊急で現金が必要となっていることが多いので、無店舗型なら住んでいる場所に関係なく利用できるメリットがあります。

問い合わせてから納得した上で利用できる

無店舗型の現金化業者は、ホームページでなるべく分かりやすく説明しているので、現金化業者に対する多くの情報を得られます。

更に詳しく取引内容を確認するために電話連絡すれば、現金化業者の対応から優良か悪徳かの判断が可能です。

店舗型では途中で断って出て来ることは気が引けるので、断る勇気が出ない場合には無店舗型なら顔が見えない分だけ納得できるまで説明を求められます。

店舗まで出向く交通費がかからない

クレジットカード現金化業者の店舗まで出向く時には、交通費と出向く手間が必要です。
無店舗型ならば、24時間好きな時に申し込み手続きが出来るので、現金化業者の営業時間内に折り返し電話連絡がかかってきます。

自宅から一歩も出ずに現金化業者へ依頼出来るので、振込先にネット銀行を指定すれば現金が振り込まれたことを確認してATMへ向かえば良いだけです。

電車やバスを利用して離れた場所にある店舗まで出向くくらいなら、無店舗型の現金化業者を利用して余計なコストをかけずにクレジットカード現金化を行えば手間が最小限で済みます。

また、現金化する際に無店舗型なら営業コストが少なくなるので、還元率を店舗型よりも上げやすいです。

無店舗型利用のデメリット

無店舗型の現金化業者を利用する上で最大のデメリットは、メリットの裏返しとなるケースが多いです。
店舗を構えていれば、トラブル発生時にも現金化業者は逃げられません。
無店舗型を利用する際のデメリットを確認しておくと良いです。

悪徳業者と優良業者の区別が難しい

無店舗型の現金化業者は、特定商取引に関する法律に基づく表示に記載されている情報のみ開示されているので、トラブルに遭遇した時に直接顔を合わせて交渉出来ません。

電話問い合わせ時に提示された還元率と、実際に振り込まれた金額に差が出ても詳細な説明をはぐらかされるリスクがあります。
同じ現金化業者が複数の名前で営業していることもあるので、優良現金化業者を探すまでが一手間かかります。

ホームページは過大広告気味

無店舗型の現金化業者は、ホームページの数だけ増殖するので、競争環境から高還元率について過大広告ぎみとなっています。

還元率の計算方法として、消費税やカード決済手数料の分を考慮せずに還元率を掲載していることがあり、実際の還元率は80%程度でありながら95%還元表記を行ってしまう慣習が残っている状況です。

一度電話連絡時に実際の還元率を確認しておけば、ホームページ記載の条件と何が違うのか確認出来ます。

突然営業を停止してしまうことがある

無店舗型の現金化業者は、10年以上営業を続けている老舗はほとんどありません。
店舗型とは異なり、突然営業を停止してしまうケースがあるので、前回利用時に良かったからといって次回も必ず利用できるとは限りません。

実際には名前を変えて営業していても、無店舗型では特定商取引に関する法律に基づく表記の項目が異なるために、同一現金化業者を見つけられません。

頻繁に利用している顧客に対しては事前連絡が入ることもありますが、無店舗型の現金化業者は同じ屋号で営業を続けている期間は短く、不定期にホームページごと全て変わってしまい行方不明となるリスクがあります。

併せて読みたい!

クレジットカード現金化の申し込みの流れ

クレジット現金化への申込みの流れ

クレジットの現金化は様々な方法があり、どの買取方法でも事前に準備しておいたほうがスムーズに手続きが進むのが、あなたのショッピング枠の残高の確認です。

「買い取り型」

1:電話もしくはメールなどで申し込みを済ませます。
2:その後指示が出るのでそれに従い、指定される商品もしくは換金率の高い商品券等の金券や電子マネーを購入します。
3:指定された商品の場合には宅配便で商品が届き、指定された買取業者に郵送で送ります。
4:その後査定が終わり入金されて終了になります。

「店頭で現金を受け取る方法」

1:現金化を行っている業者の店舗に直接行き、ほしい金額を伝える。
2:細かい説明を受けた後に指定された商品を購入されるように指示が出され、指示通りに指定商品を購入しに行く。
3:購入した商品を再び現金化買取の店舗に持っていく。
4:その商品を買取ってもらいその分の金額をもらい終了。

「ショッピング枠を利用して行うキャッシュバック型」

1:365日24時間対応のネトで申し込みをする
2:詳しい説明を受け、メールに記載されている商品をクレジットで購入する。
3:キャッシュバック金がすぐに口座に振り込まれる。

また現在は、この買取方法が利用できる現金化業者が増えてきており、15時以降も入金が可能・金土日祝日も対応しており。サービスの幅が広がっているのが特徴です。

土日でもクレジット現金化が出来る方法!

しかしその一方で悪徳業者も少なからずいるので上記で説明したとおり、優良現金化業者であることを見極めることが必要になってきます。

クレジットカード現金化をご利用した時の返済先は?

クレジットカード現金化業者を利用した際には、ショッピング枠を使用しています。

現金化業者との間では、売買契約のみが行われているので、クレジットカード現金化が完了した時点で現金化業者との関係は終了するわけです。

ショッピング枠を使った購入時には、1回払いだけでなく分割払いやリボ払いを選択出来る現金化業者も少なくありません。

買取方式ならば、原則として1回払いのみが選択可能となっているので、取引終了後にカード会社へ連絡してリボ払いへ変更する必要があります。

一方、キャッシュバック方式を採用している現金化業者は、最初から分割払いを選べることが多いので、利用しているクレジットカードに分割払い設定があれば現金化業者へ分割払いを宣言しましょう。

リボ払いを選択出来るケースもあり、キャッシュバック方式の現金化業者は支払い方法を複数の中から選択可能です。

クレジットカードによる通常のショッピングを行った後は、カード会社に対して決済時に指定した支払い方法で利用代金を返済することになります。

クレジットカード現金化は、現金化業者との間で金融取引を行うわけではありません。

現金化業者との取引では、審査が新たに行われることは無く、クレジットカード不正利用防止とキャッシュバック方式においては購入商品の配送先を確認するために本人確認が行われているに過ぎません。

クレジットカード不正利用防止として現金化業者が本人確認書類提示を求める背景として、海外の決済代行業者を経由してクレジットカード決済を行う可能性があるからです。

クレジットカード現金化のあとにどう返済するのか?

カード会社は、不正利用防止のために加盟店となる現金化業者または決済代行業者に対して与信のために電話連絡を入れることがあります。

現金化業者は、決済を正常に行うために本人確認書類提示を求めるに過ぎません。

クレジットカード現金化を行った後で、万が一返済を滞納することがあったならば、カード会社との間で返済方法を協議する必要があります。

少なくとも現金化業者との間では、既に売買契約が完了しているので、返済状況に関する問題は全てカード会社との間で解決しなければなりません。

クレジットカード現金化を行う際には、現金化業者との関係は現金振込と商品受け取りが両方共に完了した時点で終了し、以後の支払いはカード会社が立て替え払いした代金をいかに支払って行くかという問題に限定されます。

返済に問題が発生した際に、クレジットカード現金化業者のことを口に出してしまうと、即座に強制解約となってしまう点に注意が必要です。

クレジットカード現金化は、返済計画をしっかり立てた上で慎重に利用することが求められています。

現金化したあとの支払いを分割にできるのか?

クレジットカード現金化のあとに分割払いで返済

現金が手元に入った後は返済しなければいけませんが、分割払いになっていれば毎月少しの負担で返済を進めていけますので、完済まで多少不自由な思いをしても返済はできるでしょう。

業者に購入する商品を指定されますが、事前に分割購入が可能なのか確認しておきましょう。

ちなみに回数が多ければ毎月の負担額は少なくなりますがトータルの支払利息が高くなりますので支払える範囲内で少なめの回数を設定しておくとよいでしょう。

支払回数の上限は店舗によっても異なりますが、大体2年以内に完済が目途になっています。

クレジットカード現金化を利用する人の多くはすぐに現金が用意できない事情がありますので支払日を伸ばして少しずつ返済分を貯めておくことで、無利息で無理なく返せます。

リボ払いに変更するという方法もあり、これは店舗ごとの対応ではなくカード会社に対して申し込むものでカードの立替払い分を毎月一定額ずつ引き落としていくという返済方法です。

利用金額が大きくなれば返済額が高くなりますが、月々の負担はかなり抑えられます。

いずれにしてもクレジットカード現金化は一時的にまとまった現金を手に入れるためのもので、その後手元の現金以上の支払いが発生します。

クレジットカード現金化についてまとめ

クレジットカード現金化についてどのようなイメージがあったでしょうか?
一言に現金化と言っても様々な手法があり、またそれぞれに違ったメリットやデメリットがあります。

クレジットカード現金化は安全、危険、違法や合法など様々な意見が飛び交っていますが自身で情報を集めて無理なく返済できるようにしていくことが大事です。

クレジット現金化で損をしてしまわない為にも利用する前に一度こういった情報に目を通して考えてもらえれば幸いです。