クレジットカードのショッピング枠を使って安全に現金化!

クレジットカード現金化とは

ここではクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法について説明していきます。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使い、商品を売買を通して現金を得る方法です。
クレジットカード現金化はキャッシングやローンのようにお金を借りて現金を得る方法ではないため、申込みの際に審査などの面倒なプロセスがないところも人気の理由です。

また現金化はキャッシング枠が上限に達している場合でも、クレジットカードに付随しているショッピング枠を利用することで、現金化することができます。

この事から様々な事情で現金が必要になった場合の緊急の資金調達の方法としてクレジットカードの現金化を行われてきました。
このサイトを見てくれている貴方も恐らくは何かしらの事情がおありの事でクレジットカードの現金化について色々調べている最中でしょうか。

その中でまず初めに気になるところはクレジットカード現金化は違法なのかどうかなのではないでしょうか?

クレジットカード現金化の違法性は?

クレジットカード現金化は違法なのか
クレジットカードを使い商品やサービスを購入し、本来後払いで購入するために設定されたショッピング枠を使い現金化する方法は違法行為なのでしょうか?

まず結論から言うと、「違法ではない」が答えです。ただし、注意していただきたいのが違法ではないが、認可もされていないということです。

クレジットカード現金化を禁止する法律は、直接存在しません。
カード会社が定めた利用規約では、クレジットカード現金化は禁止事項として定められています。

【日本クレジット協会】
クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いにご注意ください

このため、カード会社の規約には反しているものの、違法行為とはならないわけです。
しかし、全てのクレジットカード現金化手法が違法とはならないかといえば、実際には違法行為となるケースがあると知っておく必要があります。
クレジットカード現金化を行う2つの方法、買取方式と還元方式のどちらの方式でもクレジットカード現金化を行った際にも違法となるケースが含まれているわけです。

買取方式は所有権の帰属が問題となる

買取方式を行っているクレジットカード現金化業者の特徴として、ホームページ上に古物商営業許可番号を掲載しています。古物商営業許可番号があれば、買取方式のクレジットカード現金化を行っていないか、手続きの流れを確認しなければなりません。

買取方式では、現金化業者へ申込した時点で連絡が入り、利用希望額に応じた購入商品を指定されます。クレジットカード決済を行った時点で、即座に現金化業者が古物商として商品を買い取るか、一度自宅へ商品を配送してから送り返してもらい、到着時点で中古品として買取を行う方式です。自分の意思で購入を決めた商品をクレジットカード決済したとしても、カード会社が一時的に代金を立て替えている状態となるので、カード会社への支払いが完了するまでの間は、商品の所有権をカード会社が持ちます。

カード会社に転売許可を求めて得られれば、古物商への買取依頼は合法となりますが、カード会社は利用規約でクレジットカード現金化を禁止しているので転売許可は下りません。カード会社に所有権がある商品を無断で転売する行為となるので、詐欺罪または横領罪が適用されてしまうわけです。

友人の所有物をあたかも自分の所有物として売り飛ばすと、友人から警察へ告訴されても文句が言えないように、カード会社に所有権がある購入商品を勝手に転売する行為が違法となるわけです。クレジットカード現金化を行う際には、転売行為をしないことを前提とすれば、少なくとも違法にはならないでしょう。

更に詳しく!

キャッシュバック方式は購入商品の管理状況による

キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化は、現金化業者から購入した商品を自宅でカード会社への支払いが完了するまで大切に保管しておけば、基本的に違法ではありません。

カード会社への支払いが完了した時点で、届いた商品の所有権が自分へ移るからです。キャッシュバック方式では、家電量販店で商品を購入した時に受け取るポイント還元の代わりに、現金を還元してもらう仕組みで行われます。
クレジットカード現金化業者との間では、売買契約が成立して成約記念として現金キャッシュバックを受けられるに過ぎません。カード会社へ完済後は、届いた商品を捨てても売却しても良いわけです。

クレジットカード現金化をキャッシュバック方式の現金化業者を利用して行う場合には、商品を自宅で受け取らないと売買契約自体が成立しません。先に振込された現金を返還する義務が発生することになるので、商品を受取拒否したにも関わらず現金化業者から受けた振込金額を返金しなければ、詐欺罪に問われてしまうでしょう。

クレジットカード現金化をキャッシュバック方式で利用する際には、購入商品は必ず受け取り、自宅で大切に代金支払いが終わるまで保管しておくことが重要です。

ですが現金化に関するニュースをあまり聞かないのは違法の線引がとても難しいという点からいえます。

例えば、お客様の視点から考えた場合
・クレジットカードを現金化する目的で商品を購入し、返金もしくは換金をされるお客様
・クレジットカードを現金化する目的ではないが、誤った商品を購入してしまったために返金もしくは換金をされるお客様

次にクレジット現金化業者側の視点だと
・クレジットカードで現金化を考えていないお店の場合は、クレジットで購入された商品を換金する
・クレジットカードで現金化を考えているお店の場合は、クレジットで購入してもらった商品を換金するとなります。

これらを比べた時に見分けられる方法なんて無いですよね?
つまりこの行為に対する違法性はあるにしても、それをさばく法律を作ることができないのが現状です。

クレジットカードにはそもそもキャッシングという機能がついているため、この機能を利用してお金を借りる必要があるのです。

キャッシング機能には、その持ち主の返済能力を考慮した上で返せると思った分の金額を設定しています。

つまり、ショッピング枠を利用して現金化するという行為は、クレジットカード会社からすれば、返済をしてもらえなくなる危険性が高まるのです。
このような理由で、クレジットカード会社は、利用規約にショッピング枠での現金化は禁止しています。

クレジットカード現金化を行ったからといって、直ちに逮捕されるわけではなく、実際にカード会社が警察へ告訴して逮捕に至るケースはほとんどありません。
なぜなら、クレジットカード現金化業者利用者の中には、違法性に気付かずに買取方式でクレジットカード現金化を行ってしまう人もいるからです。

しかし、カード会社にクレジットカード現金化を行ったことがバレた際には、強制解約となってしまうので、個人信用情報機関へ金融事故情報としてクレジットカード強制解約の事実が掲載されてしまいます。他のクレジットカード継続審査に対して影響が出てしまい、資金繰りが悪化して債務整理を行わなければならない事態となった時に、自己破産を選択肢に入れられないという状況となりかねません。

クレジットカード現金化は、自己破産手続きを行った際の免責不許可事由に該当するので、自己破産手続きを行っても債務がそのまま残ってしまうからです。

民事再生手続きを行うためには、再生計画案に対する債権者からの消極的承認が過半数必要となり、カード会社は確実に反対するので債務整理を行う際にも支障が出てしまいます。軽い気持ちで行ったクレジットカード現金化は、キャッシュバック方式を採用した優良業者を使わない限り、カード会社に不正利用として知られて強制解約されるリスクがあると知っておきましょう。

クレジットカード現金化は、いかにして安全に利用出来る優良業者を探すかという点にかかっているわけです。

クレジットカード現金化の危険性、こちら側のリスク

クレジットカードの現金化はいわゆる”グレーゾーン”であり、慎重に考える必要があります。
では現金化自体には実際にどんなリスクがあるのでしょうか?

借金をするのと変わりない

クレカ現金化も借金と変わらない
まずは、借金するのには変わらないという点を挙げさせていただきます。
例えばキャッシュバック式の場合で、還元率が90%の場合、10万円の買い物をして得られる金額は約9万円です。

つまりこの時点で1万円の損をすることになってしまいます。
ここからわかるように一時的に手持ちの現金は増えても結果的には借金をしているのと変わりません。
審査がないぶん歯止めが効かなくなり、クレジットカード現金化を続けてしまうといつの間にか借金が増えている事になりかねませんので十分に注意することが必要です。

自己破産が出来なくなる

最後に自己破産することができなくなってしまいます。
クレジットカード現金化を利用してしまうと、借金がいくらあろうと自己破産することが出来なくなってしまいます。

通常、借金をすればそれを返さなくてはなりません、つまり債務が発生ます。
クレジットカード現金化も借金も現金作り債務が発生するという点では共通しています。

そして何らかの事情でどうしても支払えなくなった場合には自己破産んという手段で債務の支払い義務を放棄することが出来ます。

自己破産は破産法によって管理されていますが免責不許可事由に該当すると債務の免責はできない、つまり自己破産が出来ないということになります。

【破産法 第252条第1項第2号】
破産手続の開始を遅延させる目的で,著しく不利益な条件で債務を負担し,又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。
引用:免責不許可事由となる不当な債務負担・換金行為とは? | 債務整理・過払い金ネット相談室

すなわち、どんなに借金で困っていて首が一切回らない状況でも最後の手段である自己破産をすることができないということです。
ただしこれには例外があり、状況に応じて悪質ではないと判断された場合には自己破産することができる可能性が残されています。
しかしどちらにせよ、裁判官の心証は最悪なので、他の負債整理でも通常より不利になってしまう可能性が高いです。

クレジットカードの利用停止

現金化によるクレカの利用停止
次に挙げられるリスクが、クレジット会社にばれてしまうと、カードの利用が停止されてしまう事です。
クレジットの現金化は違法ではありませんが、クレジット会社の利用規約には違反しています。
そのため、クレジット会社にこのことが発覚された時点で、クレジットカードが強制的に解約させられてしまいます。

最近では、購入履歴から回数や金額により現金化しているかどうかを見抜く技術が向上しているため、何も対策しないでクレジットカード現金化を続けていると簡単にばれてしまい強制解約されることになってしまいます。
例えばですが、いままで一度もクレジットカードでJRや新幹線の切符を購入していなかった人が、ショッピング枠でいきなり使い切ってしまっていたらあからさまに怪しいですよね。

またクレジットカード現金化がカード会社に発覚した際には、利用規約違反としてカード利用停止・強制解約と共に残債がある場合には一括返済を求められます。
クレジットカードは、カード会社が独自に個人の信用に基いて貸与しているに過ぎないので、カード会社との信頼関係が破綻した時点で、クレジットカード会員資格を失います。

クレジットカードの所有権はカード会社に帰属していて、クレジットカード保有者はあくまでもカード会社の利用規約の範囲内で使い続ける場合に限り、引き続き利用継続出来る点に注意が必要です。
クレジットカード現金化は、キャッシュバック方式の現金化業者を利用して、慎重に取引すれば発覚することは稀な事態となります。

クレジットカードは、あくまでも貸与されたものだという考えを忘れずに、慎重に利用することが望ましいです。

現金化がバレてしまうと利用停止になるのはなぜ?

カード会社に現金化がバレると利用停止
クレジットカード現金化がカード会社にばれてしまうと、なぜ利用停止になるのでしょうか。これはカード会社の判断にもよりますが、本来クレジットカードは、きちんと返済できる状況において立替払いをするという目的で発行されていますので、ショッピング枠を使って換金しなければならないような状況は認められていません。
また、クレジットカードは基本的に、ショッピング枠とキャッシング枠が分けられています。

このうち、キャッシング枠はカードを発行するときの審査もやや厳しくなっており、利率もショッピングの分割払いより高めに設定してあります。
買い物でクレジットカードを利用するよりも、現金を借り入れた時の方が条件がいろいろ不利になっているにもかかわらず、キャッシングと大差ないクレジットカード現金化を利用されてしまうと、カード会社としては二つの枠を分ける意味がないのです。

現金化がばれたときに利用停止になるのは、カード会社による利用者へのペナルティの一種です。
もちろん、利用停止以外にもペナルティの種類はあり、厳しいカード会社では強制解約になることがあります。強制解約になった利用者は今後その会社では半永久的にカードの審査に通らなくなる可能性が高いです。

このほかの利用停止以外の措置としては、ショッピング枠で利用している金額を一括返済するように請求する、ブラックリストに掲載して他のカード会社に周知する、自社のクレジットカードの新規発行を認めないなどが挙げられます。
不当な目的でクレジットカードを利用したことにより、一括返済を請求された場合には、ある程度の猶予は与えられるものの分割弁済は原則認められず、支払いを滞納するとやはり利用停止や強制解約、ブラックリストの登録などの措置があります。

ちなみに、ブラックリストというのは金融機関や消費者金融、カード会社などが情報を共有しているデータベースで、こちらに登録された内容は他の業者等にも知れ渡るため、他社でのクレジットカードの発行や借り入れも困難になります。

これとは別に、登録を行ったカード会社では半永久的にその情報が保有されるため、ブラックリストの情報が削除された後も信用が著しく下がったままになります。

背に腹は代えられない!ショッピング枠を使って安全に現金化する方法

クレジットカードのショッピング枠を使って現金化
ショッピング枠を使っての現金化は主に2種類に分かれており、「キャッシュバック〔還元式〕」「商品売買〔換金式〕」があります。

「キャッシュバック〔還元式〕」とは、まずなんらかの商品やサービスを購入した後に、購入特典として、現金の返金を受けとる方法です。

「商品売買〔換金式〕」とは商品を購入した後に買取業者に買い取ってもらい現金を受け取る方法です。

この2つの方法共通して、審査などが不要で厳禁が手に入るため、利用している方が多いと思います。

クレジットカード現金化には業者を利用する方法と自分でする方法の二種類がありますが、クレジットカードを使って商品を購入して業者を通して商品をクレジットカード現金化するか、購入した商品を自分で売ってクレジットカード現金化するかの違いがあります。

あわせて読みたい!

現金化の前にちゃんと業者を調べよう!

クレジットカード現金化は、キャッシング枠の利用ができない人や、借り入れの履歴をつけたくない人にとって非常に便利なサービスです。しかし、利用する業者やそのシステム、カード会社の規約などをきちんと調べずに安易に利用すると、後からトラブルに巻き込まれる可能性が少なくありません。クレジットカード現金化のサービス自体は需要が多く、国内で多数の業者が営業しています。

ですが、消費者金融などのように老舗の業者として知名度が高いところが少なく、金融機関と提携しているような簡単にわかる信頼性も見つけにくいため、トラブルの数も意外と多いのです。

例えば、安全な業者を選ばなかった場合には、商品を送っても現金が手に入らないケースが考えられます。
悪質な詐欺業者の中には、短期間で利用者から商品を受け取り、そのままキャッシュバックせずに行方をくらませるパターンも見られるのです。また、広告では高い換金率を謳いながら、表記以外の手数料などを請求し、平均的な換金率よりも大幅に少ない金額しかキャッシュバックしないというケースも少なくありません。

これらの業者は警察に届け出ても、すぐに店舗を閉めて他の名前で営業するため、取られた商品に関しては泣き寝入りになる可能性が高いです。

悪質なクレジットカード現金化業者に騙されないために!

また、システムに関しても、きちんと理解しておく必要があります。
きちんとした業者を利用した場合であっても、クレジットカード現金化では受け取った金額以上の支払いをしなければなりません。便利だからと安易に利用を続けていると、ショッピング枠も限度額いっぱいになるだけでなく、借金がどんどん膨らんで返済できなくなる恐れがあります。

利用するときには、自分がきちんと返せる額と返済方法であることを踏まえ、必要な分だけを換金するようにしましょう。

やはり一番厄介なのが、クレジットカード現金化をしたことをカード会社に知られてしまった場合、そのカード会社からクレジットカードの利用を停止される可能性があることです。
もちろん利用したからといって必ず、すぐに停止扱いになるわけではありませんが、甘言につられて悪質な業者を利用したり、高額の換金目的で一時的な限度額のアップを申請してからキャッシュバックを受け取ったりすると、停止される可能性が高くなります。

単なる金銭的な損失だけでなく、カード会社からの信頼が失われてしまうリスクを考えると、きちんと情報収集したうえで利用すべきでしょう。

クレジットカード現金化の申し込みの流れ

クレジット現金化への申込みの流れ

クレジットの現金化は様々な方法があり、どの買取方法でも事前に準備しておいたほうがスムーズに手続きが進むのが、あなたのショッピング枠の残高の確認です。

「買い取り型」

1:電話もしくはメールなどで申し込みを済ませます。
2:その後指示が出るのでそれに従い、指定される商品もしくは換金率の高い商品券等の金券や、電子マネーを購入します。
3:指定された商品の場合には、宅配便で商品が届き、指定された買取業者に郵送で送ります。
4:その後査定が終わり入金されて終了になります。

この現金化の方法は、昔はこの方法を取り扱っていた業者が多かったが現在はあまりいないのが特徴です。
また現金が振り込まれるまでに約2日間ほど時間がかかってしまうというデメリットがあります。

「店頭で現金を受け取る方法」

1:現金化を行っている業者の店舗に直接行き、ほしい金額を伝える。
2:細かい説明を受けた後に、指定された商品を購入されるように指示が出され、指示通りに指定商品を購入しに行く。
3:購入した商品を再び現金化買取の店舗に持っていく。
4:その商品を買取ってもらいその分の金額をもらい終了。

この現金化のメリットは、まず悪徳業者が少ないというメリットがあります。
直接顔を出して業務に取り組んでいるため、悪いことをしたらすぐに警察に捕まってしまう分信用性は非常に高いと思います。
また現金が手に入るのが、最短で2時間ということですが、その2時間は実際に自分で商品を購入する時間も含まれているので、その時間がない人はこの買取方法は向いていないと言えます。

「ショッピング枠を利用して行うキャッシュバック型」

1:365日24時間対応のネトで申し込みをする
2:詳しい説明を受け、メールに記載されている商品をクレジットで購入する。
3:キャッシュバック金がすぐに口座に振り込まれる。

この方法は、スマホやタブレット、パソコンがあれば、すぐに申し込みをすることができるという点で非常に優れています。
また現在は、この買取方法が利用できる現金化業者が増えてきており、15時以降も入金が可能・金土日祝日も対応しており。サービスの幅が広がっているのが特徴です。

しかしその一方で悪徳業者も少なからずいるので上記で説明したとおり、優良現金化業者であることを見極めることが必要になってきます。
この手のネット買取方法の最大の特徴はすぐに現金が振り込まれるそのスピードにあります。
最短で5~10分で入金されるため、急いでいるあなたにもおすすめできる買取方法です。

現金化したあとの支払いを分割にできるのか?

クレジットカード現金化のあとに分割払いで返済
クレジットカードを使って支払いをして、現金が手元に入るまでは良いですが、その後はカード払いした分を返済していかなければなりません。この時、分割払いになっていれば毎月少しの負担で返済を進めていけますので、完済まで多少不自由な思いをしても返済はできるでしょう。

しかし、店舗によっては一括払いにしか対応していないこともありますので、事前に気を付けておく必要があります。業者に依頼してクレジットカード現金化を行う場合には、業者に購入する商品を指定されますが、分割購入が可能なのか確認しておきましょう。

ちなみに、分割の場合でも、回数が指定できるケースがあります。

回数が多ければ毎月の負担額は少なくなりますが、トータルの支払利息が高くなりますので、支払える範囲内で少なめの回数を設定しておくとよいでしょう。支払回数の上限は店舗によっても異なりますが、大体2年以内に完済が目途になっています。

一括払いしかできない場合には、翌月に払える自信がなければ、ボーナス一括払いが利用できるか確認しましょう。
これは、ボーナス月にあたる7~8月や12~1月に一括で支払う方法です。こちらも利用できる店舗は限られていますが、ある程度支払期日に余裕ができるうえ、利息が付かないというメリットがあります。

クレジットカード現金化を利用する人の多くはすぐに現金が用意できない事情がありますので、支払日を伸ばして少しずつ返済分を貯めておくことで、無利息で無理なく返せます。

分割払いやボーナス一括払いができないときには、いったん一括払いで決済をして、後からリボ払いに変更するという方法もあります。
これは店舗ごとの対応ではなく、カード会社に対して申し込むもので、カードの立替払い分を毎月一定額ずつ引き落としていくという返済方法です。利用金額が大きくなれば返済額が高くなりますが、月々の負担はかなり抑えられます。

ただし、金利は分割払いと比べても高くなりますので、リボ払いで負担を減らしつつ返済用の貯蓄をして、余裕ができたら残金を一括で返す方がよいでしょう。

いずれにしても、クレジットカード現金化は一時的にまとまった現金を手に入れるためのもので、その後手元の現金以上の支払いが発生します。
また、キャッシングとは異なり、返済額のトータルや手数料、利息などがわかりづらくなっています。自分で無理なく返すことができる内容になっているかをきちんと確認したうえで、必要に応じて利用したほうが良いでしょう。

店舗型の業者のメリットとデメリット

全国どこからでも利用できるオンラインの業者は使い勝手が良いですが、すぐに相手からのレスポンスが確認できる店舗型の業者は、急いでいる時に安心感があります。
とはいえ、オンライン型の業者と比べてメリットもデメリットもありますので、実際に足を運んで申し込みをする店舗型の業者はどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

店舗型のメリットは、審査状況がすぐにわかることや相手の顔を見ることができて安心する点です。
オンライン型の場合、申し込みをして相手からの反応があるまで不安ですし、他の業者に依頼することもできません。その点、店舗型ならば審査結果がすぐわかるため、次の手続きをとりやすいです。

また、店舗の場所によってはすぐに出向くことができ、その場で現金も支払われるため迅速です。
店舗をきちんと構えているため詐欺業者である可能性が低く、隔日に現金を受け取れる点も店舗型の魅力といえるでしょう。
実際に手続きをする前に、スタッフと対面で話をすることで先方が信頼できる業者かも確認できます。

一方で、店舗型のデメリットは、わざわざ店舗のある場所まで出向かなければならないという手間が挙げられます。都心部には多くの店舗型業者が存在しますが、地方ではもっぱらオンライン型の利用になりますので、店舗型のクレジットカード現金化が利用できる人は限られてしまうでしょう。

また、対面してから手続きをするということは、相手の顔がわかって安心感もありますが、手続きを中断しにくい、自分の顔も相手に見られてしまうなどのリスクがあります。
きちんとした業者ならば問題ありませんが、威嚇や恫喝で高額の手数料を請求するような業者の店舗に入った場合には、かなり不利な条件で手続きをせざるを得なくなるでしょう。

さらに、オンライン型は受付自体は24時間いつでも受け付けていますが、店舗型は営業時間が決まっており、多くの人が自由に動ける夕方や休日にしまっている可能性もあります。

多少距離のある実店舗に向かうときには、営業時間ないかどうかを確認して出かけた方がよいでしょう。

このように、店舗型にはオンライン型にはないメリットもありますが、同様にデメリットもあります。近くに実店舗がある場合でも、初めて利用するときにはその業者の評や営業時間などを調べてから訪問することをおすすめします。
店舗型、オンライン型それぞれの特徴を踏まえ、状況に応じて使い分けるのもおすすめです。

各地域のクレジットカード現金化業者まとめ

クレジットカード現金化についてまとめ

クレジットカード現金化についてどのようなイメージがあったでしょうか?
一言に現金化と言っても様々な手法があり、またそれぞれに違ったメリットやデメリットがあります。

クレジットカード現金化は安全、危険、違法や合法など様々な意見が飛び交っていますが自身で情報を集めて無理なく返済できるようにしていくことが大事です。

クレジット現金化で損をしてしまわない為にも利用する前に一度こういった情報に目を通して考えてもらえれば幸いです。
その為に当サイトがお役に立てれば嬉しいですね。
下記のリンクから気になる情報があればチェックしてみましょう。