クレジットカードの現金化は未成年でも利用できる?

クレジットカード現金化は未成年でもできる?

最近よく耳にするクレジットカードの現金化は急な現金の工面方法として非常に効率的で便利です。

未成年でも急にお金が入り用になることもありますし、特に多感な時期ですので夢のために一時的に現金が必要になったりすることも多く、もしクレジットカードの現金化ができるなら使ってみたいと考える未成年の方もいらっしゃるかと思います。

今回はそんなクレジットカードの現金化を未成年が利用できるかどうかについて書いてみたいと思います。

そもそも未成年がクレジットカードを作れるの?

未成年がクレジットカードを作れるのか
クレジットカードを現金化するにあたって必ず必要になるのがクレジットカードです。

当然といえば当然なのですが、クレジットカードがなければ例え現金化が可能だとしても利用することはできません。

では未成年でもクレジットカードを作ることはできるのかというと、いろいろと条件はありますが作ることは可能です。
未成年がクレジットカードを作る条件として、まずは親権者の同意が必要になります。更にアルバイトなどでもいいので安定した収入がなければいけません。

もし働いておらず収入がない場合は親権者に保証人になってもらう必要があります。ただしいずれの場合でも高校生ではクレジットカードを作ることはできません。

これらの事柄はクレジットカードを利用した時に返済していくために必要な情報であり、もし所持者が返済困難な場合への対処として必要なことでもあります。

クレジットカード現金化を未成年が出来るかどうか

実際に未成年がクレジットカード現金化をできるか
上記の内容を満たしていれば例えば18歳の大学生などでもクレジットカードを持つことができるわけですが、これで現金化できるかどうかはまた別の話になってきます。

結論から書きますと、未成年のクレジットカードの現金化は非常に難しいと考えたほうがいいです。

その理由として一番にあげられるのは、クレジットカードの現金化業者がそれを行うために必要な古物営業許可で20歳未満との取引をするためには親権者の同意書などが必要と定められているためです。

同意さえあれば大丈夫なのかというと、法的には問題ありませんが現金化業者からしてみると取引相手が未成年だとどうしてもトラブルが多くなってしまうので嫌煙しているという現状です。

未成年でクレジットカードの現金化を希望する多くの人はアルバイトなどで収入を得ているか、収入がない状態で親権者に保証人になってもらうことでクレジットカードを作っている場合がほとんどです。

返済能力が低いと判断されるために例えクレジットカードがあったとしても現金化することが難しいということです。

また親権者の同意書を未成年の子供が勝手に嘘の内容で用意して、事実が発覚してから親御さんが出てきてクレームに繋がったりなどという可能性もなくはなかったりもするので、現金化業者からしてみると未成年を取引対象にするリスクはかなり高いといえます。

では、現金化は完全にできないかというと、ネットにはたくさんの現金化業者が広告を出して取引しているのでもしかしたら探せば現金化してくれるところがあるかもしれません。

ただし、前述の通り大手なら大手なほど安全に運営していきたいと考えるので、未成年でも現金化ができるという業者は逆に怪しいと考えるべきです。

まずは周りの大人に相談を

以上のように現金化は未成年ではかなり困難な現状であります。

うまく抜け道を見つけて現金化できたとしても、ショッピング枠を利用してのキャッシングとなるのでお金がもらえるわけではなく必ず返済する必要はありますし、問題も起こりやすいです。

軽い気持ちで利用して後々取り返しがつかない状況になってしまわないようにするためにも、どうしてもお金が必要だったり困っている場合はまわりの大人に相談してみたり、アルバイトを増やしてみたりして堅実に生活を立て直していくことが大切です。

関連記事

クレジットカード現金化を利用した後に分割払いはできる?

クレジットカード現金化の利用額は分割払いが可能

NO IMAGE

異なる2つの還元率があるクレジットカード現金化業者は老舗が多い

現金化利用の際に省くことができない本人確認が必要な理由

現金化利用の際に省くことができない本人確認が必要な理由

クレジットカード現金化の返済先は?

クレジットカード現金化を利用した時の返済先について

クレジットカード現金化に必要な豆知識を紹介!

クレジットカード現金化初心者の為の豆知識集

クレジットカード現金化の商品は絶対に受け取らないとダメ?

クレジットカード現金化の商品は絶対に受け取らないとダメ?