クレジットカード現金化の商品は絶対に受け取らないとダメ?

クレジットカード現金化の商品は絶対に受け取らないとダメ?

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使った買物が必要です。
売買契約が成立している以上は商品の受け渡しが必須となることは明らかですが、特に買取方式では購入商品を転売することに変わりないので商品受け取りを省略したいと考える人が少なくありません。

しかし、クレジットカード現金化を行う際には違法行為とならないためにも商品の受け取りが絶対に必要な理由を知っておく必要があります。

キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化は売買契約成立条件となる

キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化は売買契約成立条件となる
キャッシュバック方式を採用したクレジットカード現金化業者は、商品購入をクレジットカード決済で行ったことを確認出来次第、先にキャッシュバック金額を銀行口座へ振り込んでもらえる利便性があります。

しかしキャッシュバック特典は商品売買契約が有効に成立していることを前提として得られるので、そもそも売買契約が無効となった時には振り込まれたキャッシュバックを即座に返金する義務が発生するわけです。

売買契約は商品引渡しが完了した終了することになるので購入商品の受け取り拒否を行うと売買契約自体が破棄されて無効となります。
結果的に先に振り込まれたキャッシュバック金額の返金を行わないと詐欺罪に該当してしまうので少なくともクレジットカード現金化を行った時点で購入した商品は絶対に受け取らなければなりません。

買取方式であっても商品の送付が必要とされている

買取方式であっても商品の送付が必要とされている
クレジットカード現金化方式の中には買取方式を採用している現金化業者もいるので購入商品を受け取らずに直送すれば良いと考える人もいるはずです。

しかしクレジットカード決済により商品購入を行ったことは、カード会社から問い合わせが現金化業者に入った時に商品発送伝票を提示することで現金化を行っていないと証明する手段となります。
購入者へ発送した商品を再度別伝票にて送付してもらい、買取を行うという流れを行わなければカード会社からクレジットカード現金化を見破られてしまうおそれがあるわけです。

一度送付された購入商品を現金化業者へ別伝票にて送付し到着確認の上で買取を行うので買取方式で安全性を確保するためには現金化迄に往復配送分の日数がかかります。

即時買取方式のクレジットカード現金化は違法性に注意

キャッシュバック方式ならば、商品到着を待たずにクレジットカード決済を確認した時点でキャッシュバック金額を振り込めます。

しかし買取方式では購入商品の配送受け取りと返送という往復配送を経て初めて買取出来るので数日から1週間程度クレジットカード現金化までに時間を要するわけです。
そこで実際には商品送付を行わない即時買取方式を採用しているクレジットカード現金化業者を利用すれば良いと考える人も出てきます。

店頭買取を行っている現金化業者ならば、その場で買取を行っても一度手渡せば良いので即日現金化が可能です。
問題となるのはインターネット経由で即時買取方式を利用する場合であって実際に商品送付を行わずに即時買取を行うことは商品購入無しでクレジットカード決済を行ったことになり、詐欺または横領罪に該当してしまいます。

このため買取方式による現金化を行いたいならばクレジットカード決済を行う店舗と現金化業者が分かれている現金化業者に限定して行う必要があるわけです。
あくまでも別会社であればクレジットカード決済で購入した商品がプレゼント目的で別の人に送付されたという体裁を保てます。

しかし全ての辻褄を合わせることは難しいので即時買取方式で安全にクレジットカード現金化を行うことは難しいと考えておくべきです。

関連記事

現金化利用の際に省くことができない本人確認が必要な理由

現金化利用の際に省くことができない本人確認が必要な理由

NO IMAGE

異なる2つの還元率があるクレジットカード現金化業者は老舗が多い

クレジットカード現金化に必要な豆知識を紹介!

クレジットカード現金化初心者の為の豆知識集

クレジットカード現金化の返済先は?

クレジットカード現金化を利用した時の返済先について

本当に24時間営業しているクレジットカード現金化業者は少ない

本当に24時間営業しているクレジットカード現金化業者は少ない

クレジットカード現金化は未成年でもできる?

クレジットカードの現金化は未成年でも利用できる?