クレカ現金化がバレてしまうと利用停止になるのはなぜ?

カード会社に現金化がバレると利用停止

クレジットカード現金化がカード会社にばれてしまうと、なぜ利用停止になるのでしょうか?

クレジットカードはきちんと返済できる状況において立替払いをするという目的で発行されていますのでショッピング枠を使って換金しなければならないような状況は認められていません。

またクレジットカードは基本的にショッピング枠とキャッシング枠が分けられています。

このうちキャッシング枠はカードを発行するときの審査もやや厳しくなっており利率もショッピングの分割払いより高めに設定してあります。

買い物でクレジットカードを利用するよりも、現金を借り入れた時の方が条件がいろいろ不利になっているにもかかわらず、キャッシングと大差ないクレジットカード現金化を利用されてしまうとカード会社としては二つの枠を分ける意味がないのです。

現金化がばれたときに利用停止になるのは、カード会社による利用者へのペナルティの一種です。

もちろん利用停止以外にもペナルティの種類はあり厳しいカード会社では強制解約になることがあります。

強制解約になった利用者は今後その会社では半永久的にカードの審査に通らなくなる可能性が高いです。

このほかの利用停止以外の措置としては、

  • ショッピング枠で利用している金額を一括返済するように請求する
  • ブラックリストに掲載して他のカード会社に周知する
  • 自社のクレジットカードの新規発行を認めない

などが挙げられます。

ブラックリストというのは金融機関や消費者金融、カード会社などが情報を共有しているデータベースでこちらに登録された内容は他の業者等にも知れ渡るため他社でのクレジットカードの発行や借り入れも困難になります。

またカード会社では半永久的にその情報が保有されるためブラックリストの情報が削除された後も信用が著しく下がったままになります。

クレジットカード現金化TOP

関連記事

クレジットカード現金化に必要な豆知識を紹介!

クレジットカード現金化の豆知識集

クレジットカード現金化を利用した後に分割払いはできる?

クレジットカード現金化の利用額は分割払いが可能

クレジットカード現金化の換金率について解説!

クレジットカード現金化の換金率とは?改めて知っておこう!

悪徳クレジットカード現金化業者の手口をさらに教えます!

悪徳クレジットカード現金化業者に引っ掛かるリスクとは

デビットカードが現金化に使えるのか

クレジットカード現金化にデビットカードは使える?

クレジットカード現金化で本当に逮捕されちゃうのか?

クレジットカードでの現金化は違法なの?逮捕されるの!?危険性まとめ