クレジットカードでの現金化は違法なの?逮捕されるの!?危険性まとめ

クレジットカード現金化で本当に逮捕されちゃうのか?

クレジットカード現金化で気になるポイントの一つがそれが犯罪になるかどうかです。
クレジットカード現金化業者が逮捕された例などもあり自分も逮捕されるのではないかと心配してしまう人もいます。

重要になるのはクレジットカードの現金化そのものが違法ではないということです。
ただしクレジットカード会社の利用規約に抵触する可能性があり違いを理解しておく必要があります。

クレジットカードの現金化に問題はあるのか

クレジットカードの現金化は何かしらのものを買って売却しショッピング枠を現金化する仕組みになっています。
クレジットカード現金化業者も同様の手法をとっていて業者ごとに換金率がかわってきます。

実際にクレジットカード現金化業者が逮捕された例などもあります。
これは金融に関する法律が厳しく大規模な取引を行う業者として活動するためには制限が存在するからです。
許可や認可をとらずに取引を続けた場合は逮捕される可能性があり手数料収入をえることが違法になってしまう場合があるのです。

ただし手法によっては違法ではない場合やグレーゾーンで営業ができる場合もあります。
多くのクレジットカード現金化業者は古物取引の許可などをとった上で合法的に活動できるように工夫をしているのです。

また反社会勢力などがクレジットカードの現金化を行おうとした場合は当然それを仲介した業者も罪に問われる可能性が出てきます。

そのため本人確認をしっかり行うなど手続きに気を使わなければならない場合が出てきます。
中古品のリサイクルなどに免許証などが必要になるのは万が一があった場合に売主が誰かを特定しやすくするためなのです。

クレジットカード現金化業者を利用する場合は法的に問題がある行為をしていないか事前に調べるなど事前の情報収集が大切になります。

別の見方をすれば個人の利用範囲内で何か商品を購入し現金化する場合はそれほど法的な問題がないことがわかります。
クレジットカード現金化業者に現金化を依頼しても即逮捕ということにはならないのもポイントです。

しかし、クレジットカードの規約に抵触する可能性が高くカードの利用自体が停止されるなど重い措置を受けるケースもあります。

逮捕はされなくても規約に違反する可能性がある

クレジットカードの現金化を行っても逮捕される心配はありません。
一方でクレジットカードの規約には違反するためカードの利用が停止される可能性があります。
これはショッピング枠の現金化は利用規約の想定の範囲外になっているためです。

クレジットカードのショッピング枠はあくまでショッピングに利用するために用意されたものです。
お金を借りる場合はキャッシング枠を利用することになりますがキャッシング枠は若干利率が高いことが一般的です。

クレジットカードを使ってショッピングをした場合は加盟店から自動で手数料が支払われる仕組みになっています。
キャッシングの場合は取引手数料を一気にとることが難しいため利率を上乗せすることで収益をあげているのです。

クレジットカードのショッピング枠を上手に利用すればクレジットカードのキャッシング枠よりも安くお金を手に入れられる可能性があります。
これはクレジットカード会社にとって大きな痛手です。

また現金化を前提にクレジットカードを作成し、意図的に自己破産や債務整理などをされた場合は経営上の打撃になる可能性もあります。
クレジットカード会社からすればクレジットカードの現金化は非常に頭の痛い問題なのです。

そのためクレジットカード会社は契約時の規約にショッピング枠はショッピングにしか使えないことを明記していることが一般的になっています。
一度物を購入して売れば抵触しないと考える人もいますが現金化を目的が明らかであれば利用規約に抵触する形になります。

クレジットカード会社はショッピング枠の現金化には神経をとがらせていて明らかに規約違反が疑われる場合はクレジットカードの利用停止など厳しい措置をとることがあるのです。

クレジットカードの現金化は法律上、問題はないもののクレジットカード会社との契約には違反した形になりクレジットカード会社が契約を破棄する権利などが生じることになるのです。
違法でなければ逮捕はありえないため違いをしっかりと理解する必要があります。

違法でなければ問題はないのか?

クレジットカードの現金化は個人で行う範囲は違法にならないのがポイントです。
業務として大量のクレジットカードを現金化するなど金融上の法律に違反する行為でなければ違法にならず逮捕もされないことになります。

ただしクレジットカード会社の利用規約違反になり、クレジットカードの利用が停止される恐れがあります。

逮捕される恐れがないのであれば別問題がないと考える人もいます。
契約上の問題は企業と個人の問題であり法的なリスクに初ながらないという考え方です。
ただし実際には法律以外のリスクが生じる場合があることにも理解が必要です。

具体的にはクレジットカードの現金化を行っていると自己破産や債務整理が難しくなります。
自己破産は借金を帳消しにできる制度で生活を再建するための鍵になる場合があります。
しかしクレジットカードの現金化を行っている場合は自己破産が認められない場合があるのです。

自己破産が認められない理由となるのはクレジットカードの現金化が契約違反行為に当たるからです。
契約違反を行う人はモラルが低い人と判断されます。
裁判所が救済措置をとってもその条件を破る可能性が高くなります。

そのため裁判所に事故破産を申し出ても却下される可能性が高まってしまうのです。
自己破産はやむを得ない状況でお金が払えなくなってしまった人のための救済制度であるため悪質な借金を繰り返す人などには適用されないのです。

自己破産ではなく任意整理などクレジットカード会社や金融機関と交渉した場合は債務を減らせる可能性はあります。

ただしあくまでお金は返すことが前提です。

自分の収入の範囲で長期的にでも返済を行う必要があり、クレジットカードの現金化などを悪用することは難しくなっているのです。

クレジットカードの現金化は社会的なリスクがあることにも理解が必要です。

逮捕はされないがリスクは存在する

クレジットカードの現金化で即逮捕されることはなくお金儲けを考えたりしなければ違法ともいえないものです。
ただし、クレジットカードの利用停止や自己破産の却下などのリスクは存在し全くリスクなしで利用することはできないのがポイントです。

ただし例外も存在します。
これは現金化目的の利用ではなくやむを得ず現金化になってしまった場合などです。
例えば旅行がキャンセルになり新幹線のチケットを金券ショップなどに売った場合は現金化目的の利用ではないことになります。

使う予定がないアイテムや買った後に後悔した商品を売る場合は現金化目的から外れることになるのです。

クレジットカード会社が本当に現金化目的でカードを利用したか調べるのが難しいといった事情もあります。
疑わしい取引があったカードを全て停止した場合は収益源まで失ってしまう可能性もあるのです。

最終的には人がチェックせざるをえないことが多く目的の白黒がつけられないケースもあります。
あくまで信頼関係が前提の契約であり明確に出来ない部分も存在するのです。

クレジットカード現金化TOP

関連記事

クレジットカード現金化を買取方式でやるには

買取式で現金化するのは安全?そのメリット・デメリットとは

土日祝祭日でのクレジットカード現金化はできるのか

土日や祝日でも現金は振り込まれる?休日でもクレジットカード現金化するには

業者をつかって安全にクレジットカード現金化

業者に安全に現金化してもらう方法と注意点について

悪徳クレジットカード現金化業者の手口をさらに教えます!

実はもっとある!?悪徳クレジットカード現金化業者の手口をさらに教えます!

悪徳なクレジットカード現金化業者に引っかからないようにするには

悪徳なクレジットカード現金化業者に遭わない!様々な手口や方法を知っておこう

安全なクレジットカード現金化業者を見極めるには

安全なクレジットカード現金化業者を見極めるコツ