土日や祝日でも現金は振り込まれる?休日でもクレジットカード現金化するには

土日祝祭日でのクレジットカード現金化はできるのか

土日祝日に休みの金融機関は多く、ひょっとしたらクレジットカードの現金化業者も営業をしていないのではと考えてしまう人もいます。

しかし実際は土日祝日も営業している現金化業者は多く、すぐに現金が欲しい時に重宝するケースもあります。

ただし業者が営業していても休日に営業していない金融機関への振込みを依頼した場合は受取までに時間がかかることになります。

休日関係なしに受取ができる金融機関の口座をあらかじめ作っておくなど工夫が必要なのです。

土日祝日も営業している業者が多い

土日営業しているクレジットカード現金化業者も多いクレジットカードの現金化業者は休日でも営業していることが多くなっています。

これは休日にお金に困る人が多いだけでなく、仕事の都合から平日に利用ができない人も多いからです。
クレジットカード現金化業者も商売で現金化を行っているため利用者がいなければ潰れてしまう可能性があります。

そのため土日祝日などお金を使いたい人が便利になる時に営業していることが多いのです。
もちろん業者によって違いがあり土日が休みの業者も存在します。

また定休日に祝日が重なれば営業日がずらされる可能性もあります。

業者ごとに違いがあるだけで休日に営業を行っている現金化業者は珍しい存在ではないのです。

営業形態には注意が必要

クレジットカード現金化業者の営業形態に気を付けよう
休日も営業しているクレジットカード現金化業者は存在しインターネットを通じて現金化が利用できる場合もあります。

注意したいのは現金化の受付をしているから営業をしているとは限らないということです。
店舗型の現金化業者の場合は営業をしている時間に依頼をすれば高確率で対応してくれます。

不安な場合は電話で確認を取るのが確実です。
ただしインターネット上で現金化を受け付けている業者の場合は休日が休みで翌営業日に対応が行われるケースが考えられます。

受付は24時間365日でも実際に働く人は休んでいるというケースがあるのです。

受付時間と営業時間をチェックすることが重要でしっかりと見極めておかないと思った以上に時間がかかる原因になります。
休日や深夜に依頼しても、すぐにお金が振り込まれるわけではないのです。

違いをしっかり理解した上で利用する必要があります。

休日振込みに対応していない金融機関が多い

休日にクレジットカード現金化業者を利用する場合はクレジットカード現金化会社が指定する金融機関を利用する必要があります。

店舗型でそのまま現金化できるケースを除き現金化したお金は振り込み対応になるためです。
ポイントになるのが24時間の振込みに対応していない金融機関は翌営業日に振り込み額が反映されるということです。

連休などで営業していない場合は現金を受け取れるようになるまでにかなり時間がかかるケースがあるのです。
そのためクレジットカード現金化会社はネット銀行を中心に24時間お金の振込みと引き出しができる金融機関を指定することが多くなっています。

具体的には、

  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 住信SBI銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • イオン銀行

などが挙げられます。

24時間対応を始めたメガバンクも存在するため現金化業者利用時の候補になる場合もあります。
ただし引き出し時の手数料がかかることも多く業者によって指定の金融機関が代わるのもポイントになります。

自分が持っている銀行口座が24時間振込みに対応しているか確認した上で該当口座への振込みができる業者を選ぶことが重要になってきます。

手間がかかることが多いから現金化業者が人気?

余計な手間がかからないからクレジットカード現金化業者が人気
土日のクレジットカードの現金化は手間や時間がかかることが多く手続きをしたからといってすぐにお金を受け取れるとは限らないのがネックです。

そのためネット銀行などに対応していて即日振込みができる現金化業者に人気が集中しやすいのです。
クレジットカードの現金化の知識があり金券ショップが近くにある場合はどちらを選ぶか選択した方が良い場合もあります。

後は労力や換金率の高さなどの兼ね合いになります。

ただし即日振り込みや高い換金率をうたいながら個人情報やクレジット情報を盗み取ろうとする悪質業者や詐欺サイトも存在します。

事業者の情報をしっかり確認し怪しいところがある場合は利用自体を避けるなど工夫が必要になります。
口コミや運営実績などを確認し安心できる業者を探した方が良いのです。

クレジットカードの現金化は法律的にはグレーゾーンの部分があり犯罪にはならないもののクレジットカード会社の規約違反には抵触してしまいます。

刑法には抵触しないものの民法には抵触する可能性があるのです。

クレジットカード現金化の実績がある業者は様々なリスク管理を行っているのがポイントです。

犯罪行為を行ってしまえばイメージダウンが避けられないだけでなく利益を得られなくなってしまいます。
中途半端な知識で現金化に乗り出し逮捕された現金化業者も存在するほどです。
現金化業者を利用した利用者側が捕まった事例などはないもののリスクを知っておくことが重要になっているのです。

関連記事

家電を高く転売してクレジットカード現金化しよう

家電を転売して高い換金率でクレジットカード現金化する方法

商品券や回数券でクレジットカード現金化する

商品券や新幹線の回数券をクレジットカードを現金化するには

クレジットカード現金化をするときの商品選びはどうすれば良い?

自分でクレジットカード現金化する方法!どんな商品を売買すれば良い?

買取方式のクレジットカード現金化について

買取方式は自分で買取店に持ち込んでクレジットカードを現金化する方法

クレジットカード現金化のキャッシュバックについて詳しく

キャッシュバック方式について更に詳しく!

ネットオークションを使ってのクレジットカード現金化は安全なのか

クレジットカード現金化でヤフオクなどのネットオークションを利用する方法