店舗型?それとも無店舗型?都合のいい方法で現金化を行おう

店舗型?それとも無店舗型?都合のいい方法で現金化を行おう

店舗に足を運んで手続きを行うか、インターネットを利用してオンラインで申し込みを行うか、業者を利用したクレジットカード現金化は、大きく分けると2つの方法があります。
相応のメリットデメリットを把握の上で、都合のいい方法を選ぶのがおすすめです。

説明を聞きながら現金化可能な店舗型

説明を聞きながら現金化可能な店舗型
店舗型クレジットカード現金化業者では、お店に行って窓口を利用して現金化の申し込みを行うかたちになります。

店員と対面で手続きできるという安心感があり、わからないところはじっくり説明を聞きながら手続きを進めていくことができる方法です。

話を聞いた上で納得が行かなければ取り引きを中断することができますし、契約完了後はその場で現金を手渡しされることから入金がされない、入金額と異なるというトラブルも生じません。

利用の際に気をつけておきたいこと

店舗型の業者の場合には営業時間が決まっていますので、急にお金が必要になっても窓口が開いている時間帯でなければ利用ができません。

また人件費、店舗維持費がかかることもあり、無店舗型と比較して手数料を引いた換金率が70%から75%程度と、無店舗型の80%程度よりも低めの傾向になります。

顔が見えない業者を相手に、オンライン上でカード決済を行うことに不安があるかたには向いていますが、こうした不利な点も考慮しておいてください。

24時間いつでも現金化ができる無店舗型

24時間いつでも現金化ができる無店舗型
無店舗型の大きなメリットは、運営コストの低さから換金率に還元され、店舗型よりもお得に現金化が利用できるというところにあります。

また、基本的に24時間365日いつでも申し込みが可能で、ショッピング枠が残っているクレジットカードを所持していれば、どこに住んでいても家にいながら現金化の申し込みを行うことができます。

業者選びを慎重に行おう

対面不要で気軽に申し込みを行うことができる反面、業者の信頼性に対して疑問視しているかたは少なくありません。
だからこそ、無店舗型業者の利用に際しては信用できる業者選びを慎重に行う必要が出てきます。

ホームーページを隅々までチェックをして、所在地や連絡先が明確に記されているかどうか、これまでの実績や実際に現金化を行ったかたの口コミを調べて、くれぐれも安全性を確認してから申し込むようにしてください。

安心して利用できる方法で現金化する

急にお金が必要になった時に慌てないように、前もって業者の比較検討を行っておくといいでしょう。

どちらにも都合よく利用できる点、気をつけておきたい点がありますので、納得して取り引きできる方法を選択することが大切になります。

関連記事

商品券や回数券でクレジットカード現金化する

商品券や新幹線の回数券をクレジットカードを現金化するには

ネットオークションを使ってのクレジットカード現金化は安全なのか

クレジットカード現金化でヤフオクなどのネットオークションを利用する方法

クレジットカード現金化のキャッシュバックについて詳しく

キャッシュバック方式について更に詳しく!

土日祝祭日でのクレジットカード現金化はできるのか

土日や祝日でも現金は振り込まれる?休日でもクレジットカード現金化するには

クレジットカード現金化をするときの商品選びはどうすれば良い?

自分でクレジットカード現金化する方法!どんな商品を売買すれば良い?

家電を高く転売してクレジットカード現金化しよう

家電を転売して高い換金率でクレジットカード現金化する方法