クレジットカード現金化を利用した時の返済先について

クレジットカード現金化の返済先は?

クレジットカード現金化業者を利用すれば、新たに審査を受けること無くクレジットカードショッピング枠を利用して現金調達が可能です。

しかし、返済先として現金化業者へ行わなければならないと考えていたら、クレジットカード現金化の仕組みを理解しないまま利用したことになり危険です。

現金化業者はあくまでも商品売買契約のみ

クレジットカード現金化はあくまでも商品売買
クレジットカード現金化業者との間で発生する契約は、商品売買契約であって金銭消費貸借契約を行いません。

本人確認書類の提出を義務付けているのは、他人名義のクレジットカードを不正利用しないためであって、提出した個人情報は目的外利用されることが無いわけです。

クレジットカード現金化業者を利用した際には、売買契約のみを行います。
買取方式ならば後から購入商品を中古品として古物営業法に基づき買い取ることになり、キャッシュバック方式ならば売買契約成立特典としてキャッシュバック金額の振込みを行うわけです。

現金化業者との間では、新たに金銭消費貸借契約が行われることが無いので、後から請求されることはありません。

実際の返済先はクレジットカード会社となる

クレジットカード現金化の返済はカード会社へ
クレジットカード現金化サービスを使った際の返済先は、現金化に使用したクレジットカード会社です。

なぜなら、現金化業者との取引で決済を行った段階で、カード会社が商品代金を立て替え払いしており、後日カード決済手数料を引いた金額が現金化業者へ振り込まれます。

立て替え払いを行っているカード会社から後日利用明細が送られてくるので、利用金額に相違が無いか確認しておくと良いです。

クレジットカードを商品購入時に普通に使った状態と考えれば、返済先がカード会社だとすぐに分かります。

返済方法は現金化業者が採用している手法の影響を受ける

現金化業者ごとにクレジットカード決済時に使用可能な支払い方法は、一括払いを共通して使えることは確かですが、分割払いやリボ払いを利用できるかどうか確認しておく必要があります。

なぜなら、現金化業者が採用している現金化方式により、支払い方法に制限がかかるからです。

買取方式では一括払いしか選べない

買取方式を採用している現金化業者は、商品売買のみを短期間で行う前提で契約するので、現金化業者自体が商品販売を行うと一括払いしか選択出来ません。

他の通販サイトで購入した商品の買取のみを行うならば、分割払いやリボ払いも選択出来ます。
しかし、現金化業者自らが商品販売と買取の両方を行わない場合、本来の意味でいう現金化業者ではなく、単なる買取店に過ぎません。

買取方式を採用している現金化業者と取引する際には、手持ちのクレジットカード締め日前にカード会社へ後から連絡して、支払い方法を分割払いやリボ払いに設定し直すひと手間がかかります。

キャッシュバック方式なら全ての支払い方法に対応

キャッシュバック方式を採用している現金化業者を利用すれば、クレジットカード決済時に最初から分割払いやリボ払いを選べます。

なぜなら、商品を実際に後日配送を行い、分割払いやリボ払いが完了するまで自宅保管することを前提に売買契約を行っているからです。

売買契約は商品引渡しにより完了し、商品を買取るわけでは無いので、現金化業者としては商品売買契約が正常に行われて納品まで終わり、売買契約自体が終了していることさえ証明出来れば良いわけです。

クレジットカード現金化業者を利用する際には、クレジットカードに設定可能な支払い方法だけでなく、現金化方式の違いにより返済先となるカード会社へ後から支払い方法変更届けが必要となると知っておく必要があります。

関連記事

悪徳クレジットカード現金化業者の手口をさらに教えます!

悪徳クレジットカード現金化業者に引っ掛かるリスクとは

本当に24時間営業しているクレジットカード現金化業者は少ない

本当に24時間営業しているクレジットカード現金化業者は少ない

クレジットカード現金化の換金率について解説!

クレジットカード現金化の換金率とは?改めて知っておこう!

カード会社に現金化がバレると利用停止

クレジットカード現金化がバレてしまうと利用停止になるのはなぜ?

クレジットカード現金化の商品は絶対に受け取らないとダメ?

クレジットカード現金化の商品は絶対に受け取らないとダメ?

クレジットカード現金化の時に必要なものとは

クレジットカード現金化に必要なものって何?